1. TOP
  2. 生活用品
  3. 界面活性剤の使われていない洗剤を選ぼう

界面活性剤の使われていない洗剤を選ぼう

市販の洗剤には「界面活性剤」が使用されているので、界面活性剤が入ってない洗剤を使用しています。界面活性剤は体によくないです。

・界面活性剤とは
界面活性剤とは一言で言うと水と油を混ぜるために使われるものです。その性質を利用し、一般的な洗浄剤では幅広く使われています。食器についた油汚れは水で洗うだけでは落ちませんが、洗剤を使う事によって、きれいに落とす事が出来ます。これは水と油を溶け合わせるという界面活性剤の性質を利用したものです。

・毒性
合成界面活性剤はたんぱく質を壊します。合成界面活性剤の人体に対する影響として挙げられるのが、アトピー・手荒れ・湿疹・かぶれです。また、体内に吸収されると、合成界面活性剤は肝臓でも分解することができず肝臓の細胞を破壊するために引き起こされる肝臓障害、発ガン補助、血液成分の減少等の症状を引き起こすと言われています。
界面活性剤の怖さ:引用)

そこで、うちの子供がアトピーをキッカケに生活用品を見直しました。パックスシリーズが界面活性剤がなく使いやすいので永く愛用しています。

楽天24で購入しています。


いつも丁寧に梱包されています。


パックスナチュロンのハンドソープ


スリムで場所を取りません。1回で泡が大きく出るので子供には使いやすいです。


メリディアンケチャップ。濃厚で美味しいです。スパゲッティ、ハンバーグソースなど、市販のケチャップとは比較できないぐらい美味しいです。


パックスナチュロン台所洗剤。界面活性剤が入っていないので、油汚れは落としにくいです。私は、新聞やキッチンペーパーなどで汚れを拭き取ってから使っているので問題なく使えます。市販のキッチン洗剤に慣れてしまうと、物足りなく感じるかもしれませんが、手荒れもなくなるし、体にも害はないし、自然にも良くエコです。洗剤は洗い残しもありますから、それが口に入るとなると体に負担がないものが良いと思いこの洗剤を使っています。