1. TOP
  2. 生活用品
  3. 削ったまな板は食べてるの?

削ったまな板は食べてるの?

また板の傷に気付いた時



●プラスチック製まな板

以前までは、プラスチックのまな板を使っていました。傷が付いたり、色が黒ずんだりして買い替えました。買い替えた後もプラスチックのまな板を使っていました。プラスチックのまな板を選んだ理由は「安くて軽い」からです。プラスチックのまな板なら約2,000円ぐらいではないでしょうか。

また板の傷に気付いた時

子供のアトピーを治すために、食生活はもちろん生活用品を見直し始めた時、まな板の傷に気が付きました。「この包丁で削ってしまった、まな板の傷はどこに行ったのだろう?食べてるのだろうけど、体に害は無いのかな?」そんな疑問を持った時、食べていると想像したら不安になりまな板を「無垢の木」に替える事にしました。


無垢のまな板は、約3,000円~です。私が使っているまな板は約5,000円ぐらいでした。大きさで金額が変わります。プラスチックのまな板に比べて重たいです。でも、丈夫でしっかりしています。一生使える丈夫さだと感じました。
●無垢のまな板

また板の選び方


集成材で作られたまな板は選ばないで下さい。集成材とは接着剤を付けて強くプレスして作った木です。いわゆる、いろんな木の合体板です。住宅を建てる時にも、集成材の柱が使われているのですが、温度の変化で集成材が溶けだしたりして健康に被害を与えてる原因のひとつです。一生もののまな板を選ぶなら「無垢」のまな板を選びましょう。


まな板立てがあると便利です。私も、直置きは嫌なのでまな板立てに乗せています。
●木のまな板立て


無垢の木のまな板の良い所は、乾きが良い所です。洗って水切り場に置いておくだけで乾いています。一緒に洗ったお皿は拭きあげるまでビショビショですが、まな板は乾いてるのです。黒カビなど発生した事がないので、無垢の木を漂白などした事はありません。プラスチックのまな板は漂白しますよね。そういう手間がないのです。


しっかり立っててくれてます。まな板立ては場所を取りません。


選び方のポイントは「無垢のまな板」を選んで下さい。「無垢」とは一本の木で作られています。


私が購入した「まな板」「まな板立て」のショップは青森ヒバクラフトです。サイズは横45cm縦25cm厚さ3.3cmのまな板を使っています。子供たちもいて沢山食べるので、まな板は大きめのサイズを選びました。約5,000円のまな板と1,300円のまな板立てを購入しました。せっかくなので焼印「ひばの焼印」を入れて貰いました。
●いろんな青森ひばのまな板


この沢山の傷、食べてるでしょう。間違えなく私たちの体に入っていると思います。木なら食しても害は無いでしょう。これが、プラスチック製を食しているという事になれば体に害がありそうですね。

このまな板を使って3年経ちますが、こんなにキレイ。これがプラスチックなら真っ黒で傷だらけ、そろそろ買い替え時期ですよね。でも、無垢のまな板なら丈夫なので一生使えるまな板になりそうです。