1. TOP
  2. 健康を学ぶ
  3. 「野菜料理の365日―しばにさんちの食卓」料理本

「野菜料理の365日―しばにさんちの食卓」料理本

肉料理ばかりとりすぎてしまうと体が偏ってしまう。魚なら良いか?と思うけど魚も動物性。毎日、お肉をこってり食べるよりは魚料理の方がまだ良いのかな。旦那(男性)はガッツリお肉を食べたいみたい。子供たちはお肉より魚が良い。野菜はおかずというより副菜、サラダ感覚でみている家族たち。でも、野菜がメインディッシュになる素敵な本を見つけたんだ。


野菜料理の365日―しばにさんちの食卓

●amazonで「野菜料理の365日」を見る
●楽天で「野菜料理の365日」を見る

購入者レビュー
著者のレシピは、私のお気に入りで、頻繁に我が家の食卓に登場します。
好きな理由は、、、

1、バリエーション豊か!
日本料理はもちろん、イタリアン、中華、インドなどワールドワイドなレシピがたっぷり!本格的な味が、家庭にある材料で作れます。私のおすすめはカレー。野菜の味わいが、お腹と心に染み渡り、いつ食べても感動します。

2、がっつり!
野菜だけの料理って、、、って物足りないんじゃないの?って思われる方もいらっしゃると多いと思いますが、この本は、ベジタリアンの既成概念を難なく打ち破ってくれる、そんな気持ちの良い本です。男性や若い人が食べても、がっつり食べられる、味わい深く、見た目も満足感のある仕上がりです。この料理を食べた後に、「お肉なしで作ったのよ~」って、家族や友達を驚かせてみてください!!

3、誰でも楽しめるレシピ
著者の料理に対するひたむきな姿勢と、飽くなき探究心、そしてひとつひとつ丁寧に練り上げたレシピ。料理初心者の方から、上級の方まで、どなたでも作れる、そんなシンプルでわかりやすいレシピがたくさん!もちろん、家庭にある材料で作れるのが、嬉しいです。

毎日、今日はどれを作ろうかなーって、ワクワクしながら、ページをめくっています。
(アマゾン購入者レビュー引用)

購入者レビューの評価が五つ星だからこれは買わなきゃ損かな!と思い奮発。これで私の野菜料理&マクロビ料理のレパートリーが広がる事間違えなし。家族みんなが食べてくれる料理を愛情込めて毎日作ってるのだけど、手を付けてくれない時は悲しいよね。自分一人で食べてるような物だもの。アトピーの子供にはしっかり食べてもらって体質改善して欲しい。


「冷やし中華」ものすごく美味しそう。


「野菜ハンバーグ」子供が喜びそう。


「チヂミ」大人のおつまみだね。


しばにさんの写真。しばにさんがお母さんだったらいろんな料理を教えて貰えそう。バリエーションが豊かで料理上手なお母さんって最高だよね。本の料理を一通り作ってみよう♪買ったばかりの本を読む時間が幸せ。