1. TOP
  2. 健康を学ぶ
  3. 月刊「あなたと健康」10月号

月刊「あなたと健康」10月号

健康を学ぶ

月刊「あなたと健康」10月号
2017年10月号が届きました。 私が健康を学ぶ機会を頂いてる「あなたと健康社」の東城百合子さん。この冊子が毎月届くと気持ちが引き締まります。手作り料理の大切さを実感します。昔ながらの「お母さんの手料理」が大切です。冷凍食品、加工食品、添加物入り食品などではなく、無添加で素朴な「人の作った手料理」が大切なのです。

月刊「あなたと健康」10月号
東城先生は、日本の文化、歴史をとても大切にしています。10月号の「行事食に学ぶ癒しの智慧」は、行事食について知らなかったので、とても勉強になりました。

一月は「鏡餅」。親子三代、代々ゆずっていく。
二月は立春で、豆で達者でと豆まきをする。
三月はお雛様で白酒とひし餅。
四月はお花見で、花の下で手作り弁当を分け合って食べる。
五月はかしわ餅。柏の葉のように北風に強くあおられても強く生きる。
六月は梅干しの月。
七月は七夕さまで、そうめん。
八月はお盆で、先祖祀り。
九月はお月見様で、お団子とすすきをお供えする。
十月は収穫で、田畑の恵に感謝。
十一月は自然の恵の新米を頂く。
十二月は一年を感謝してお節を作り、お掃除をして信念を迎える。
ご先祖様が伝えて下さった自然の恵を忘れない生き方があったのです。

「伝え残されるもの」
年中行事はこの変わり目の節を大切に、天の恵みに感謝し、神様に感謝する。神様をお招きして「節料理」を神様と共に頂いた。これが節休み、骨休み、季節の折り目を旬の料理で乗り越えた。これは風土が生んだ癒しの智慧でした。

あなたと健康10月号より抜粋

東城先生の話は、とても勉強になります。日本人としての心を学びます。

大根は千両役者

月刊「あなたと健康」10月号

ボケるのは嫌、癌になりたくない、でも食べものは自分の好みで手抜きした加工食品の中で生きる。それは身勝手。幸せに生きて大往生して、子孫に沢山の徳を残すもとは「金」ではなく「食」なのです。

10月号は「大根」の事が書かれていました。「消化酵素の妙薬、抗癌作用 抗菌作用もある」

あなたと健康の冊子は、1冊210円、年間購読2520円です。私は年間購読で申し込んでいます。

【あなたと健康社:連絡先】
〒157-0066
東京都世田谷区成城2-35-13 成城ダイヤハイツ2F
「あなたと健康社」
TEL 03-3417-5051

私は、10年近く購読していますが、毎月、とても勉強になります。もっと、しっかりしなくては。家事、料理、洗濯、心の持ち方、考え方など学ばされます。

あなたと健康社の相談(有料)には、癌の方が断然に多いと言っていました。今は、2人に1人が癌の時代です。私の身近には癌患者が、まだまだ少ないですけど。2人1人もいるように思えません。年老いて2人に1人なのでしょうね。