1. TOP
  2. 健康を学ぶ
  3. 足裏は第二の心臓。足裏を揉もう

足裏は第二の心臓。足裏を揉もう

足の裏健康法

あなたと健康社の東城百合子先生も言っています。「西洋医学は医者任せ、東洋医学は自分でやるんですよ。人任せではダメ。」自分の体は人任せではダメなんです。薬に頼ったり、医者に頼り過ぎではダメです。体の声を聴いて、自分で良くなるように管理するのです。未病の人は、未病で防ぐのが一番理想です。

足つぼを自分でマッサージ

足つぼマッサージ
足もみ塾」で足つぼの道具を買いました。足の反射区表を見て、自分に合ったツボを押します。

足つぼマッサージ
足もみ塾で買ったツボ押し棒。(グリグリ棒)

足つぼマッサージ
クリームを付けて足つぼを押します。

足つぼマッサージ
足もみ塾で購入した「ウォークマットⅡ」

足つぼマッサージ
これ、素足で乗るとメチャクチャ痛いです。痛い人ほど不健康。これを毎日踏む日課。継続は力なり。足の裏の血行が良くなるので、冷え性の方はオススメです。

足つぼを自分でマッサージ

足つぼを自分でマッサージ
足もみ塾」に行けば足を揉んで貰えます。(有料)とても痛いです。施術をして貰った後は、足が軽くなります。血流の流れが悪いと言われました。足がむくんでいるそうです。そのむくみが癌などの病気と関係あるようです。血流を良くして免疫力を高める事がとても大切です。

「ウォークマットⅡ」と「グリグリ棒」と一緒に「セルフケアグッズの使い方」というのも購入しています。「足揉みスターターセット」が良いですね。

代表の吉田さんのお父様は、20年前に癌で手術後に「抗がん剤」を勧められたのですが、それを断り足つぼを押して、今でも元気だそうです。癌患者にとっては、とても元気が出るお話です。癌だから長生きしないという事はないのです。癌が完治する人もいるのです。癌患者が、今でも元気に生活しているという話は、とても励まされます。

足つぼを自分でマッサージ
足を揉んだ後は白湯を飲みましょう。デトックスですね。白湯の健康法は、話題になっています。朝目覚めた時、寝る前に白湯を飲むと良いです。足揉みの後もですね。

足つぼを自分でマッサージ
胸部のリンパ線です。これは女性には良いかもしれません。乳癌の方には是非やって欲しい部分です。

足つぼを自分でマッサージ
胸部(乳房)、ここも女性はマッサージした方が良い部分です。乳癌の方はやった方が良いです。

足つぼを自分でマッサージ
ウォークマットの使い方も紹介されています。セルフケアが大切です。医者や薬に頼らずに、体の免疫力を上げる事が必要です。免疫細胞が活発に行動しやすい体作りが大切です。