1. TOP
  2. 免疫力を上げる
  3. ブルマンヨーグルト(植物性手作りヨーグルト)

ブルマンヨーグルト(植物性手作りヨーグルト)

市販されている豆乳ヨーグルトは、発酵導入時には牛乳を用いることが大半ですが、「Aoyama-YC菌」から作るブルマンヨーグルトは、全く牛乳を使わずに、豆乳だけで発行してヨーグルトとなります。まさに植物性の純粋な豆乳ヨーグルトを食べていただくことが出来ます!

一般の乳酸菌は23~30度の常温発酵菌であるため、体内に摂取しても体温に耐え切れず、また酸にも弱く、胃酸のため、胃の中で死滅します。

でも、この「Aoyama-YC菌」は、38~45度で発酵するため体内に摂取した際に(体温で)最も活発に働き、また酸にも強いため、胃の中で死滅せずに腸に届き、腸の中でも生き続けるため、乳酸菌本来の有効性を発揮します。

●ブルマンヨーグルト


早速、ブルマンヨーグルト手作りキットをネットでお取り寄せ。注文してすぐに宅急便(冷凍)で届きました。


ブルマンヨーグルト手作りセット(種菌5g×12袋)
ショップ:e-mono倶楽部


マルサン豆乳。カロリー45%OFFのこの豆乳は大豆固形分が6%なのでゆるいヨーグルトになります。固めのヨーグルトはカロリーオフでないタイプを使用して下さい。
豆乳でコーヒーの話はこちら


菌を入れます。


そして数回シャカシャカ振るだけ。


ウォームバンドでぐるっと止める。豆乳容器のサイズになっていて便利。


コンセントに差し込んで夏場は7~8時間、冬場は8~9時間このまま。


8時間後豆乳ヨーグルトが出来た!感激。植物性のヨーグルトというのがうれしいですね。


大豆固形分が6%なので、ゆるめのヨーグルトになりました。出来立ては少しゆるいです。これにはちみつ(メープルシロップ)をかけて味見。美味しい!普通のヨーグルトと同じ味。豆乳なんて思えないぐらい美味しい。


冷蔵庫に入れて12時間後。出来立ての時より固くなりました。


飲むヨーグルトより少し固めな感じです。カロリーオフではないタイプなら大豆固形分が8%以上なので、もっと固めな感じになります。

朝食の時にこのブルマンヨーグルトを出しています。メープルシロップを少し(カロリーを控えてる)かけて、飲むヨーグルトのようにしています。

現在、授乳中。子供に水分を取られてしまい便秘がちだったのですが、これを飲むようになってから快便です。快便という事はお腹がすっきりしているので、臭いおならが出たり、便が出ない為にお腹が膨らんだりという悩みがなくなりました。ブルマンヨーグルトのお蔭だと思うのですが、便の固さもちょうど良いです。固すぎずゆるすぎずという感じで快便です。

でも、びっくりしたのが初めて飲んだ時に、ものすごい大量の便が出たこと。今まで出なかった数日間の便が出たのかな~と思いました。植物性ヨーグルトなので体に安心です。

うちの母はヨーグルトが大好きで市販の動物性ヨーグルトばかり食べていたのですが、乳癌になった為、動物性の食事は控えています。植物性ヨーグルトならまた食べれるという事ですよね。


ブルマンヨーグルト白崎茶会のオーガニックレシピを読んで存在を知りました。植物性ヨーグルトの存在を私は知らなかったのですが、オーガニックを勉強されている方なら有名なのかもしれませんね。

ブルマンヨーグルトの菌の値段が高いので、持続するのは高額になるかと思いましたが、かけ継ぎで豆乳ヨーグルトを作る事が出来ました。分量は適当だったのですが、豆乳ヨーグルトの残りが1/4ぐらいになったらまたそこに豆乳を入れてウォームパッドで8時間、豆乳ヨーグルトを作る事が出来ました。味も固さも変わらなく増やす事が出来ました。一度作ったらそれでかけ継ぎをして増やし続ける事が出来るという事です。

ヨーグルトは1週間以内に召し上がり下さい。と書かれています。我が家は家族で飲んでいるので3日に1回、かけ継ぎをしてヨーグルトを作っています。1週間は持ちません。日本人は腸が長いので乳酸菌を取った方が良いです。父が大腸がんになった時医者に乳酸菌をとるように言われました。でも、動物性ではなく植物性である事が大切です。癌の方は動物性を控えた方が良いです。

ヨーグルトで快便になったのは初めてだったので感激しました。とても美味しいです。白崎茶会のオーガニックレシピを参考にチーズなどを作ってみたいです。