1. TOP
  2. 免疫力を上げる
  3. 「つむじ風くん」自律神経免疫療法

「つむじ風くん」自律神経免疫療法

「つむじ風くん」自律神経免疫療法

自律神経免疫療法「つむじ風くん」
「つむじ風くん」磁気の力を使って、手の指にあるツボを押して、免疫力を上げる療法です。評判が良いので、私も早速試してみました。
●楽天で「つむじ風くん」を探す
●アマゾンで「つむじ風くん」を探す

原材料・成分
グリップ本体:ABS樹脂、磁石(細):ネオジ2Φ×5.5mm、3500ガウス、磁石(強):ネオジ6Φ×10mm、4000ガウス

使用方法
■「つむじ押し」として用いる場合 1.つむじに押し当て刺激する。 2.つむじから放射状に広がる6本の線を押し刺激する。 ■目:つむじと左右のまゆ上にあるくぼみを結ぶ線を押し刺激する。 ■耳:つむじから左右の耳の後ろのコリコリとした骨の外縁に沿った線を押し刺激する。 ※1回の刺激は、数秒程度にしてください。通常は、点の刺激を中心に行ってください。

「つむじ風くん」自律神経免疫療法

自律神経免疫療法「つむじ風くん」
手に持った感じ。ボールペンの大きさです。

自律神経免疫療法「つむじ風くん」
赤点の部分、爪の下をグッーと10秒ほど押します。自律神経を刺激するツボです。

自律神経免疫療法「つむじ風くん」
細いペン先部分で押します。磁気のパワーとツボ押しで血行も良くなります。

自律神経免疫療法「つむじ風くん」
後ろの磁気は大きめなので、指以外のツボ押しに使っています。首、足裏、頭などとても気持ち良いです。強力な磁気があるので、撫でるだけでも磁気が伝わります。昔、磁気のネックレスが流行りました。

健康は、自律神経を整える事と大いに関係があると感じました。現代人は、交感神経と副交感神経が乱れています。自律神経を整えて病気と向き合いたいと思います。