1. TOP
  2. 書籍
  3. こんにゃく湿布のお手当方法

こんにゃく湿布のお手当方法

肝臓、腎臓、脾臓のお手当

家庭で出来るのは、こんにゃく湿布です。肝臓を温めるとよく、ゆでこんにゃくをタオルで包み、気落ち良い温度で肝臓を30分温めます。それと同時に脾臓を10分冷やします。冷こんにゃくか氷水で絞ったタオルでします。

肝臓、胃を冷やさないように、肝臓と丹田を30分温めると良い。
<書籍:自然療法より引用>

●楽天で「自然療法」の本をみる
●アマゾンで「自然療法」の本をみる

毎朝起きてすぐにやる事。こんにゃくを温める事から始めます。温めている間に家事をします。

こんにゃくの温湿布やり方

こんにゃく二丁を10分煮て、これをタオル2~3枚に包みます。そして腹と右わき腹(肝臓)の上におきます。30分程度温めてから、冷たいタオルでふいて、1時間くらいは温かいので同じこんにゃくを腎臓(後ろの細腰より3cm程上の背骨の両脇二つ)にあてます。これも30分程。

最後に冷たいタオルでさっとふきとってから静かに休ませます。終わったこんにゃくは水の入った容器に入れて冷蔵庫へ入れておき又茹でて小さくなるまで何回でも使えます。

胃腸病、風邪、熱、慢性病、癌、高血圧、腎臓、肝臓、糖尿、結核その他疲労には大変よい方法です。体内の毒素を出し新陳代謝を助け肝臓、腎臓を刺激してよく働かせますから全身の強壮法です。

こんにゃくは昔の人は「腸の砂おろしをする」と言いました。こんにゃくが腸の毒素、不要物を吸いだしてくれます。
<書籍:自然療法より引用>

内臓を温める事が大切

手足が冷えているのは、内臓が冷えている証拠です。内臓の冷えは免疫力を下げてしまいます。体質改善をするのに、お手当はとても大切です。

私は、温めたこんにゃくをタオルで包み、それを腎臓の場所に二個置きます。そして、バスタオルで巻いて家事をしています。こんにゃく湿布をしながら家事は出来ますので、寝ながらやらなければいけないと言う事はありません。忙しくても、こんにゃくを背負って家事をしています。

夜はゆっくりお手当の時間


この温熱マットを使っています。私の場合、夏場も腰は冷えているので温熱マットとこんにゃく湿布は欠かさず使っています。市販の温熱マットは電磁波が出ています。この温熱マットは赤外線なので安心です。
<以前の話「温熱マットで体を温め免疫力を上げる」>

●楽天で「温熱マット」をみる
●アマゾンで「温熱マット」をみる

夜のお手当 部位を温める


ビワ葉温灸が出来る方は、ビワ葉温灸がオススメです。
●楽天で「ビワ葉温灸」
●アマゾンで「ビワ葉温灸」


私は「三井温熱器」を愛用しています。痛い部位、気になる部位、脊髄、肝臓、腎臓、丹田、胸を温めています。腰には温熱マットを巻いています。テレビを見ながら1時間程、お手当しています。一日の疲れが和らぎます。気持ち良くてそのまま寝てしまった事があります。火傷に要注意です。

ビワ葉温灸は煙が出ますが、三井温熱器は煙が出ませんし、洋服を着たまま出来るメリットがあります。ビワ葉を温熱部分に巻きながらお手当する事もあります。
<以前の話「三井温熱治療器で自宅治療する」>

●楽天で「三井温熱器」
●アマゾンで「三井温熱器」

お手当を長く続けるコツ

毎日、朝晩とお手当をしていますが、どうしても疲れて出来ない時、忙しい時、出先で出来ない等あります。そんな時はやりません。温熱をした時の気持ち良さ、体が喜んでいる気がします。朝の目覚めに血行をよくし、一日の疲れに血行をよくさせる事は、自分へのご褒美です。

私の場合、私自身が病気になってしまいましたから、体質改善、免疫力を上げる為に努力は惜しみません。「やらなきゃ」でストレスなくやる事が大切です。