1. TOP
  2. 料理
  3. 圧力鍋であんこの作り方レシピ

圧力鍋であんこの作り方レシピ

市販で売っているあんこより自分で作ったあんこの方が断然に美味しいです。作り方は簡単です。圧力鍋で煮て砂糖を混ぜて煮るだけ。多く作った時は冷凍庫で保存出来ます。パンの具、あんこ料理と幅広く使えます。自分で作ったあんこなら「白砂糖」ではなく体に良い「三温糖やきび砂糖」で作ったあんこなら体に安心ですね。甘さも自分のお好み加減で甘さを控えることもできます。

【材料】
・小豆 250g
・きび砂糖(三温糖) 200g
・塩 少々


古いあずきなら一晩水に浸します。新しいあずきは浸さずに茹でても柔らかくなるようです。小豆の形を残したい場合は浸し時間が短くします。小豆はよく洗います。鍋に水を入れ小豆を茹でます。沸騰して2分ほどでザルにあげ、またよく洗います。これであく抜きになります。

圧力鍋に小豆と3倍量の水を入れます。水が少ないと小豆が吸ってしまい焦げてしまいます。水が多すぎると圧力鍋からあふれて来ますので、小豆は250gが最適な量と思います。圧力がかかった状態から15分。圧力鍋の温度が下がり蓋が開けられる状態にったら固さを見ます。好みの固さになるまで茹でます。

砂糖を3回に分けて入れます。1回で入れてしまうと小豆が砂糖を吸収してしまい固い小豆になってしまいます。


好みの固さになったら塩を少々入れます。


多く作った時は冷凍庫に保存。使う分はタッパなどの容器に入れて冷蔵庫で保管します。無添加なので痛むのが早いです。すぐに使うように心がけましょう。使わない分はすぐに冷凍してしまうと良いです。

●圧力鍋 平和PC-45A
圧力鍋は味噌作りの時も大活躍しています。平和圧力鍋は圧力のかかり方が強いようです。ほかの圧力鍋が大豆を5分で柔らかくなるのに対して、3分で柔らかくなりました。圧力鍋を持っていなかったので「あな健」で使っているという評判を聞いてこれを買う事にしました。

●小豆 250g
あずきはショップ;食べもんぢから。さんのを使用しています。