1. TOP
  2. 料理
  3. 基本のパンの作り方・捏ね方

基本のパンの作り方・捏ね方

手捏ねは作り慣れれば簡単です。上手になるコツは、作って作って作りまくるしかないです。失敗は成功の近道!繰り返していくうちにコツが掴めて来ます。


水、塩、砂糖、酵母を入れる。塩と酵母はくっつかないように入れる。発酵が悪くなる為。「酵母が死んでしまう」と言う人もいます。


ヘラなどで混ぜる。


粉を入れる。


ヘラで混ぜて、パラパラになったら手で混ぜる。


生地を作業台に移し伸ばし捏ねをする。全体の生地が混ざるように、よく手の平で伸ばす。 1~2分して生地がしっとりして来たら、体重を少しかけて押し捏ねをする。ハード系のパンなら捏ね時間3~5分。


生地を丸めるように捏ねて、ひとつにまとめる。


とじ目を下にしてボールに入れる。


生地の温度を計り、一次発酵時間の目安にする。

【一次発酵】 30度
生地温度 15度以下・・・100分
生地温度 15~25度・・・90分
生地温度 25度以上・・・80分


一次発酵終了。


フィンガーテスト(発酵したかをパン生地に指を差し込んで調べる)
一次発酵の時間が短いので、1.5倍膨らんだぐらい。

この後、スケッパーでカットしてベンチタイム。成型して二次発酵。焼きあげでパンの完成です。