1. TOP
  2. 料理
  3. 手羽(大豆)の唐揚げ

手羽(大豆)の唐揚げ

今日のおかずは何にしよう!そうだ鳥の手羽唐揚げが食べたい!でも、鳥ではなくて大豆の唐揚げ!子供も旦那も「鶏肉」と騙されました。鳥の皮の唐揚げみたいな感じ。


乾燥タイプなので常にストック出来る。生肉みたいに腐る心配はない。
●大豆ミート(手羽)


手羽の形。少しサイズは小さめ。子供は食べやすい大きさ。


開封後は冷蔵保管。この容器、水が入ってもこぼれない仕組みになっているので冷蔵庫容器として大活躍。こんにゃく、豆腐に水を入れたまま保管できる優れもの。密閉が抜群。
(容器:オクソートップコンテナ)


手羽を沸騰したお湯に5分浸す。醤油、酒、にんにく、生姜で味付け。鳥の唐揚げを作るように味付けをする。


油で揚げる。南部鉄の鍋を使うと揚げ物がカラッと上がる。テフロン加工のフライパンなどはすぐに剥がれてそれを食べていると思うと怖いので一生使えるフライパン・鍋を選ぶようにしている。南部鉄鍋は高額では無いし、鉄分が取れるから女性にはおススメ。難点は重いという所。菜種油は平出油屋さんのを使用。これもカラッと揚がって美味しい揚げ物になる。
油:平出油屋 なたね油
鍋:南部鉄 深型鍋25(天ぷら用)


バットの上で油をきっています。今日のおかずは手羽の唐揚げでした。子供たちは「鳥の唐揚げ」とすっかり騙されている。歯ごたえは鳥の皮の唐揚げのようにも思える。お酒のおつまみ、小腹が空いた時のおやつに良いかも。
●バット