1. TOP
  2. 料理
  3. 無調整豆乳でヨーグルト作りや料理に使う

無調整豆乳でヨーグルト作りや料理に使う

朝食に豆乳ヨーグルト(ブルマンヨーグルト(植物性手作りヨーグルト)の作り方はこちら)をアガベシロップをかけて食べている。コーヒーにも豆乳とアガベシロップを入れて飲んだりと豆乳の消費は早い!


●アガベシロップ(右)
無添加甘味料、砂糖に比べ25%もカロリーオフ、高機能食物繊維“イヌリン” 1~2%含有。味はメープルシロップに似てる。カロリーもオフで虫歯になりにくいので子供のおやつには良いかも。最近はカロリーが高い物が多いので、自分で作る料理はカロリーを抑えて、それでも美味しかったら最高な幸せです。


マルサン豆乳は飲みやすく、コーヒーやスープに入れてもクセがなく飲みやすい。ヨーグルト作りにも相性が良い。消費が早いので箱買い!


常温で保管出来るので便利。納戸に保管してある。蓋を開けたら冷蔵庫保管。牛乳は動物性、人間には牛の乳はエネルギーが強過ぎると言われている。牛などの哺乳類は生まれてすぐ歩き出す。それだけの栄養が牛乳には入っている。人間は生まれてから1年かけて歩き出す。なので、アレルギー・癌・胃腸が弱い人は取らない方が良いと言われている。

豆乳生活楽しんでいます。マルサン豆乳はとても美味しいよ。無調整だとストレートな味なのでアガベシロップをかけて食べると良い。