1. TOP
  2. 料理
  3. バター、卵を使わない型抜きクッキー作り方レシピ

バター、卵を使わない型抜きクッキー作り方レシピ

バター、卵を使わなくても美味しいクッキーが焼けるよ。バターを使うと洗い物もギトギトして大変だけど、菜種油を使っているので洗い物も簡単。作り方も簡単なので短時間でササッと作る事が出来る。お菓子を買いに行くより作った方が早い。

プレーン生地

ココア生地


材料集合。調味料の保管容器は全てオクソー ポップコンテナにしている。見た目も良いけど、この容器は半身不随の奥さんの為に作られた容器。片手でポンッと押せば密封された蓋が簡単に開くという仕組み。小さな子供、お年寄りでも力を入れずに簡単に開け閉めできる。しかも密封容器というのが良いよね。調味料に虫が入るのを防ぎ、湿気も防げる。この容器を長く使っているけど便利だよ。


ボールに粉類、三温糖、塩を入れる。


スプーン、さえ箸などでぐるぐるかき混ぜる。


菜種油を入れる。油は平出油屋 なたね油を使用。香ばしいクッキーになる。平出油屋さんの菜種油は美味しいのでマクロビ料理家たちは使っている人たちが多い。でも、瓶容器に1,650gも入っている。揚げ物などはドバドバと油を注ぐけど、お菓子作りには小さな容器に移したい。そこで私が使っているのが、パイレックス調味料容器。お菓子作り、炒めものにサッと出して使えるから便利。


パイレックスの油容器はシンプルな物が多い。可愛くキッチンを飾りたかったので私が愛用しているのはパイレックス(カトウシンジさんデザイン)のハニー容器なの。はちみつ入れなのだけど、油入れとしても使える優れもの。絵柄も何種類かあり選べます。これひとつあるだけで料理が楽しくなるよ。


そしてスプーンでぐるぐるかき混ぜる。


大きな玉は指の腹で潰して細かくする。粉々状態にする。


豆乳を入れる。


こねてひとまとめにする。ココア生地の出来上がり。


プレーン生地も同じように作る。粉を入れて、菜種油を入れて、豆乳を入れて捏ね捏ね。


生地をひとまとめにする。


めん棒を使って伸ばす。お菓子作りには木製めん棒がおすすめ。


均等に伸ばす。


型抜きをする。花のぬき型


ダブルパテ抜きの一番小さいパテで型抜き。


ダブルパテ抜きセットはとても便利。クッキー、スコーンなどの型抜きに使える。サイズもいろいろあるので組み合わせでいろんな型抜きが楽しめる。


このピンクのスケッパーはソフトドレッジという道具なのだけどあると便利。メロンパンの切り込みを入れる時や柔らかい生地を扱う時に便利。クッキー生地を取る時、指を使うと生地の形が崩れるので、このドレッジを使いながらやった。


プレーン生地とココア生地が最後余ったら軽く混ぜ合わせてマーブルクッキーにする。最後は型抜きではなく、包丁でカットして真ん中にお箸で二か所穴を開けるのがオシャレ。お菓子は味も大切だけど見た目が更に美味しさを増す。


オーブンを180度に熱して25分焼く。焼き色が付いたぐらいで調節。ダブルパテで型抜きしたクッキー。真ん中にフォークで穴を開けている。


花型クッキー。これが子供に大人気。全部同じ生地なのに子供はこのクッキーを選んで食べていた。おやつは見た目も大切なんだね。


many makeケーキクーラーの上で焼きたてクッキーを冷ます。


包丁でカットしたクッキー。時間がない時はいつも包丁でカットして作ってしまう。型抜きして可愛いクッキーを作るのは手間がかかるけど、焼けた時の完成度にうっとりしてしまう。

子供が花型クッキーを選んで食べているのを見て「味は同じだけど、見た目も大切なんだな」と感じた。もっと喜んで貰えるようなクッキー作りを頑張ろう。子供に食べさせたいおやつ完成!

子供に食べさせたいおやつレシピ本

かんたんお菓子


くり返し作りたい“自然おやつ”