1. TOP
  2. 料理
  3. 粉から作る甘口トマトカレールー

粉から作る甘口トマトカレールー

市販のカレールーは添加物がいっぱいで、食べ終わった皿や鍋は洗いづらい。植物油脂、でんぷん、、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、乳化剤、香料など家にない調味料ばかり。

粉ら作るカレーは手間がかかるけどスパイスの効能があり、とても美味しい。スパイスは漢方薬とも言われているよ。添加物が入ってないから胃もたれもしないし、食べて3時間経ったらすぐにお腹が空くよ。それだけ胃に負担が少ない。味付けは子供が食べれるようにものすごい甘口。辛口が好きな人は「カレー粉、てんさい糖、はちみつ」の量を調節必要。

材料】・・・8人分

ハーブ類

仕上げ調味料

※子供が食べられるようにカレー粉は甘口。砂糖とはちみつは多め。唐辛子、ガラムマサラは控えめに作っている。辛口が好きな人はこの辺を多めにしてね。


スパイスは全て「大津屋商店」。直接買いに行けないのでネットで購入。
ショップ:株式会社大津屋商店


人気のナイル商会のナイルカレー。TVで取り上げられたり、有名カレー店でもナイルカレーを愛用しているとか。子供でも食べれるように甘口のナイルカレーCを購入。
効能
肝機能向上、咳止め。


クミン
効能:消化促進、腸内ガス抑制、解毒。


ドライタイム
効能:貧血、頭痛止め、消化促進。


コリアンダーシード
効能:消化促進、コレステロール低下。


セージ
効能:消化促進、殺菌作用。


ドライバジル
効能:消化促進、滋養強壮


ドライパセリ
効能:消化促進。


ローズマリー(粉末)
効能:集中力・ 記憶力を高め、若返りのハーブ。


ガラムマサラ
効能:強壮効果、食欲増進。


フェネグリーク
効能:コレステロール低下、血糖値低下、リウマチ効果


GABANのフェネグリークの蓋を開けるとこんな感じ。


ホールトマト缶は「ラ・テラ・エ・イル・チェロ」を愛用。このホールトマトにはクエン酸が入っていない有機トマト。


調理しやすく材料を小分けにする。左は小麦粉とカレー粉。真ん中上はハーブ類。真ん中下はクミン。右はお湯とトマトホール缶。


玉ねぎを刻む。


分量外の菜種油で炒める。


弱火にかけてローリエを加え玉ねぎが飴色になるまでじっくり炒める。炒めた玉ねぎは容器に移動。


鍋に菜種油100ccを入れる。


菜種油を弱火にかける。


クミンを入れる。


油が温まったらみじん切りにしたニンニクとショウガ、トウガラシを入れる。


香りが出るまで炒める。


カレー粉と小麦粉を入れる。


焦がさないように10分炒める。


一気にお湯600ccを入れる。


混ぜるとトロミが付いたルーになる。


飴色に炒めた玉ねぎ、ハーブ類、つぶしたトマト缶を加えかき混ぜる。


ケチャップとソースを入れて味付け。
●メリディアン有機トマトケチャップ
●薬膳ソース


摩り下ろしたリンゴ、カボチャの皮を入れて甘さを出す。


はちみつを入れる。本物のはちみつは固まっている。市販で売っているハチミツには水飴が入っている。このはちみつは直接買い付けに行ったのを分けてもらっている。


無調整豆乳で作ったヨーグルトを150g入れる。豆乳ヨーグルトの作り方はこちら。
●ブルマンヨーグルト(植物性)
●マルサン無調整豆乳


塩、こしょう、てんさい糖を入れて味を調える。弱火で煮込む。理想は4~5時間煮込むが小麦粉が焦げるので気を付ける。


この時点で食べても美味しいけど、これはカレールーなので翌日具入りカレーを作る。翌日になると味がしっかりして美味しくなる。