1. TOP
  2. 料理
  3. 国産レモンで作るレモンピール

国産レモンで作るレモンピール

国産レモンが手に入るのは冬!この時期にレモンピールをいっぱい作ろう!外国の柑橘類は長い船の中で運ばれる。腐らないように痛まないように防腐剤やワックスがいっぱい。体に悪い事間違いなしだよね。国産レモンが売っているこの時期に手作りレモンピールを味わおう。

材料


皮の綺麗なレモンを選ぶ。この寒い時期のフルーツはビタミンがいっぱい。風邪予防にもなる。はちみつ漬けにしてホットレモンにして飲むのもオススメ。


皮の汚れを取るのに塩でもみ洗い。


レモン汁を絞る。


中身をくり抜く。


皮をカットしてたっぷりのお湯で10分茹でる。苦味を取る為のポイントは長時間煮れば良い訳ではなく、たっぷりのお湯で煮る。これを3回繰り返す。


絞ったレモン汁の使い道は、他の料理に使える。ジャム作り、パン、お菓子、料理など瓶に入ったレモン汁とは比べものにならないぐらいに美味しい。


大さじ1計る。


大さじ1ずつ小分けにすると料理に使いやすい。製氷機に入れて冷凍庫へ。この製氷機は100円均一で購入。


しかも蓋付なので冷蔵庫の匂いが付かない。上に物を乗せられるので便利。


凍ったら別容器に移して冷凍庫保管。


レモンの皮をグツグツ。皮が軟らかくなった。


スプーンで中の白い部分を削る。皮が破れないように。


レモンを千切りにして1時間水につけておく。これで苦味が取れる。


苦味が出るのが嫌なので、また大量の水で煮る。


10分煮る。あまり煮過ぎても旨みが流れ出てしまいそうだけど、これで美味しいレモンピールになった。


レモンの皮を計る。皮の50%の量のてんさい糖と1カップの水を鍋に入れて沸騰させる。レモンを入れて水の量がヒタヒタになるように水を足す。


弱火で40分以上煮込む。水分が無くなる直前で火を止める。飴にならないように注意。


オーブンシートの上にレモンがくっつかないように並べる。先日購入した魔法の天板の出番!端まで並べられるので便利。
●オーブンシート


110度のオーブンで焼く。30分以上焼いたかな。触ると乾いて来たら完成。きちんと乾いていると日持ちが良い。冷凍庫保存するので適度な乾きにした。冷凍庫に入れてもカチカチにならずに軟らかい。料理に使いやすい。


容器に入れて保存。しっかり乾いていれば冷蔵庫で3カ月ぐらい。私は冷凍庫で1年ぐらいと言いたいけどすぐに無くなりそう。てんさい糖を使っているので仕上がりが茶色いレモンピールになる。市販で売っているピールは綺麗な黄色だよね。白い砂糖が使われている。売っているものは見た目も考慮して白い砂糖がお菓子作りには一番だよね。見た目など気にせず健康を考えたらてんさい糖などの色の付いた砂糖が安心・安全。とても美味しいレモンピールになった。これだけで食べても美味しいよ。