1. TOP
  2. 料理
  3. フランスパンのカンパーニュ(ホシノ天然酵母)作り方レシピ

フランスパンのカンパーニュ(ホシノ天然酵母)作り方レシピ

フランス粉でなはく強力粉を使ってフランス田舎パン「パン・ド・カンパーニュ」を焼いた。

パン材料】・・・1個


粉は泡だて器でしっかり混ぜる。ゴムヘラで粉っぽさが無くなるまで混ぜる。
●泡だて器
●ゴムヘラ


ひとまとめにする。


蓋をして30度30分発酵。


蓋付なので便利(蓋付ボウルの話はこちら)。18-8ステンレスという耐久性に優れたステンレス。国産というミキシングボウル。


デロンギオーブンEO-1490を1分チン。オーブン温度計が35度を表示。たった1分で発酵に理想な温度。節電にもなる。この時、魔法の天板セットのステンレスと銅板は外す。ステンレス板が熱伝導率が良いので、パン生地の底が発酵オーバーになってしまう。
●オーブン温度計


1回目の発酵終了。


ドレッジ、ゴムヘラで外側から中に1周折りこむ。そして30度30分発酵。
●ドレッジ


2回目の発酵終了。


3回目も外側から中に生地を1周折りこむ。30度30分発酵。


ボウルに薄く油を塗る。生地をきれいに丸めて入れる。


倍に膨らむまで一次発酵。室温で12時間ほど。


発酵かごに粉を振っておく。
●発酵かご


キャンパスシートの上でベンチタイム。手でペタペタ成型。四角に伸ばす。
●キャンパスシート


中心に向けて折る。


左右も中心に向けて折る。


とじ目を、中心に向けて閉じる。


発酵かごに入れて二次発酵。


タルトストーンの登場!フライパンでタルトストーンを空焚き。やかんでお湯を沸騰。プリンカップにタルトストーンを入れ熱湯を注ぐと「ジュワッ!!」と蒸気が発生。このスチームを利用して二次発酵。プリンカップとパン生地をオーブンに入れて発酵させる。
●タルトストーン
●プリンカップ


かなり便利な蓋付ボウルSサイズ(蓋付ボウルの話はこちら)蓋付3つ、ザル付2つ、ボウルS,M,Lサイズのセットを購入したの。Sサイズのボウルとザルを使って豆腐の水切り。本当は「豆腐水切り専用容器」が欲しかったのだけど、このボウルで十分役に立つ事が分かった。ある物を上手に使わないとね。
●豆腐水切りセット


先日購入した「しばにさんちのレシピ」は豆腐料理が多い。木綿豆腐の水切りが多いのでザル付、蓋付ボウルは便利。パン生地の発酵はLサイズを使用。豆腐はSサイズ。


二次発酵終了。


生地をオーブンシートに移動。
●オーブンシート


クープを入れる。一次発酵は蓋付ボウル。二次発酵はタルトストーンでスチーム発酵。これで生地が乾燥しなくなった。多機能オーブンの「発酵機能」はパンが乾燥してダメ。やっぱり手間と愛情(手動)が一番。
●クープナイフ


 デロンギオーブンEO-1490250度に余熱。霧吹きをしっかり。お湯とタルトストーンは一緒に余熱。230度10分、200度10分焼く。
●many makeケーキクーラー