1. TOP
  2. 料理
  3. ココアクッペ(ホシノ天然酵母)作り方レシピ

ココアクッペ(ホシノ天然酵母)作り方レシピ

パン材料】・・・2個

生地捏ね、一次発酵(低温発酵)までの流れはこちら。


スケッパーで2等分してキャンパスシートを使ってベンチタイム(32度20分)。生地の大きさが違うと焼きムラが出るので、計量器で計り分割する。キャンパスシートをデロンギに入るサイズにカットした。小さくなって使いやすい。
●スケッパー
●計量器
●キャンパスシート


デロンギオーブンEO-1490に二つ折りにして入るサイズにキャンパスシートをカット。温めたデロンギオーブンでベンチタイム。


デロンギオーブンを下段ヒーター(スローベーク機能)にセット、2分チンしたら庫内が35度になった。デロンギでのベンチタイムは良い感じ。しっとり乾きすぎない生地になった。


めん棒で生地を伸ばす。チョコチップとピーカンナッツをのせる。(好みの具をのせる)
●めん棒


1/3ずつ折り合わせる。


めん棒で伸ばし、具をのせる。


1/3左右折る。


二次発酵をする。発酵器がないのでいろいろ工夫。デロンギオーブンの「スローベーク機能(下ヒーター)」2分加熱。上段にパン生地、中段にお湯をはった容器を入れた。


庫内が35度になった。パン専用発酵器は湿度、温度、両方管理できる。やっぱり発酵器が欲しい!!置く場所、どのメーカーを選ぶか迷う。楽しみが増えてきた♪


デロンギオーブンの「スローベーク機能(下ヒーター)」


温度は210度で2分チン。庫内が35度になった。


魔法の天板セットの銅板、オーブンシートに生地をのせる。
●オーブンシート
●魔法の天板(ステンレス・銅板)セット


下段にタルトストーンと水100ccを入れる。下段のヒーターに石が触らないように注意。庭にある小石を使おうと思ったけど割れる危険性もあるのでタルトストーンを使用。
●タルトストーン


今まで「コンベクションオーブン機能(上下ヒーター+ファン)」を使っていたのだけど、クープを開かせるには「オーブン機能(上下ヒーター)」が良い。ファンを回すとパン生地が乾いてしまう。上下ヒーターにセット。


温度は210度。デロンギオーブンは温度差があり、設定した温度にならないという評価だったけど、うちのオーブンは温度通りに温まっている。
●デロンギオーブン コンベクション


下段タルトストーンと水100㏄、中段魔法の天板ステンレス板、210度に余熱。多機能の電気オーブンは210度に庫内が温まるまでに20分以上かかった。デロンギなら5分で温まった。さすがデロンギオーブン。
●オーブン温度計


パン生地に粉を振り、クープを入れる。
●クープナイフ


210度17分焼く。ケーキクーラーの上で冷ます。このケーキクーラーを愛用してる人は多いよね。「かんたんお菓子」の本でもこのケーキクーラーが使われていた。嬉しいよね。
●many makeケーキクーラー

クープの入れ方がいまいち。でも、「オーブン機能(上下ヒーター)」でファンを回さない方がクープが上手に開いた。クープはもっと経験値が必要だね。