1. TOP
  2. 料理
  3. 子どものおやつは「おむすび」

子どものおやつは「おむすび」

育ち盛りの子供

成長と共に、子供の間食の量も増えて来ます。子供の消費するエネルギーは、大人よりはるかに多いです。伸び始めてから食べさせるのではなく、しっかりした強い体に育てる為に、間食はおむすびなど、家にある物で十分お腹を満たせます。

「おむすび」の愛

お母さんの愛情むすび
お母さんが作った「おむすび」は美味しいです。親の味が今でも一番です。もう、私の両親はいませんが、いつまでも味を覚えています。

私も、子供たちが私の結んだ「おむすび」をいつか思い出せるように愛情込めて結んでいます。夕方、お腹を空かせて帰ってくる子供たちの為におむすび作り。私の愛情おむすびも食べますが、その後、添加物たっぷりのお菓子も食べます。子供たちには「添加物ダメ」と強制はしていません。いつか巣立って行けば、嫌でも添加物料理のオンパレードを好んで食べるようになる訳ですから、今は、私の手料理で体作りをしてくれれば良いと思っています。

先日、「おむすび」の話が出たのですが、現代は「おにぎり」と言う人が多いようです。昔の方は「おむすび」と言いました。「握り飯」と言う用に「握る」より、「お結び」の方が丁寧な言い方らしいです。「お結び」「縁結び」など、「結ぶ」という言葉は、とても縁起が良いように思えます。なので、私も「おむすび」と言っています。