1. TOP
  2. 料理
  3. 玄米よもぎ餅で健康UP

玄米よもぎ餅で健康UP

玄米の効果

玄米の栄養について玄米のマイセン:引用)
玄米は、白米よりも、ビタミン・ミネラル・食物繊維を豊富に含んでおり、人間が健康を保つために必要とされる栄養素をほとんど摂取できるため、完全栄養食と言われています。

フィチン酸は体内のお掃除人(玄米のマイセン:引用)
発芽する前の玄米には、フィチン酸(IP6)という物質が多く含まれています。フィチン酸は、水銀や鉛といった重金属と結合して、体内の有害物質を排出する働きをしてくれます。

玄米ウィキペディア:引用)
農薬が糠の部分に残留する可能性が白米よりも高いとして、玄米食には無農薬または減農薬栽培の米が勧められることがある。

●楽天で無農薬玄米
●アマゾンで無農薬玄米

玄米は、放射線、ダイオキシン類の排泄作用が強いため食べるようにしています。

<過去の話「玄米の栄養」はこちら>

よもぎ玄米餅

よもぎ玄米餅の美味しい食べ方を紹介します。いつもお昼ご飯として食べています。1日2~3個ほど食べます。とても美味しいのでオススメのよもぎ玄米餅です。


醤油は手作り醤油麹。乾燥麹と醤油を混ぜるだけなので簡単に出来ます。常備している調味料です。


乾燥麹に対して2倍の量の醤油を瓶に入れて、常温で2週間程放置すれば「醤油麹」の出来上がりです。
●楽天で「乾燥麹」
●アマゾンで「乾燥麹」


焼きあがった餅に醤油麹をかけます。色々食べましたが、玄米餅は、ムソーの「よもぎ玄米餅」が一番美味しいです。
●楽天で「よもぎ玄米餅」
●アマゾンで「よもぎ玄米餅」

よもぎの効果
ミネラル・ビタミンも豊富で、整腸作用が大きく、便秘にも効き、組織臓器の機能を正常に保ち、公害物質や老廃物がたまらないように流してくれ、血液を浄化するという大役を果たしてくれます。


焼けたよもぎ玄米餅に醤油麹をかけます。麹も一緒に食べると美味しいです。


ここで隠し味。ヘンプシードオイルを少しかけて食べます。麻の実には健康とキレイに良いとされるα-リノレン酸(オメガ3)、リノール酸(オメガ6)の必須脂肪酸が植物油の中で最も多く含まれ、さらに理想的なバランスとなっています。
●楽天で「ヘンプシードオイル」
●アマゾンで「ヘンプシードオイル」


このヘンプシードオイル、醤油と合う。とても美味しいです。


海苔の保存容器。密閉性が良いので気に入っています。
<過去のお話「便利な海苔の保存容器」>

●楽天で「海苔保存容器」
●アマゾンで「海苔保存容器」


厚みもそんなにないので収納するのに場所を取りません。


美味しいよもぎ玄米餅の食べ方でした。私はよくお昼に食べています。
●楽天で「よもぎ玄米餅」
●アマゾンで「ムソーよもぎ玄米餅」