1. TOP
  2. 料理
  3. ひたし豆の調理方法レシピ

ひたし豆の調理方法レシピ

枝豆似の「ひたし豆」。調理方法は簡単、茹でて塩を振るだけ。冷凍の枝豆は中国産で農薬漬けだから虫がいない。自宅菜園、農協で売られている枝豆は虫が豆の中に入り込んでいる。虫と一緒に茹でて、枝豆を検品しながら食べる。虫を見つけて「茹でた虫」を横目で見ながら「枝豆」を食べると、食欲が減退してしまう。そんな理由で、夏場は枝豆が買えずにいました。

「ひたし豆」は枝豆に似ていて美味しいと評判だったので早速調理。味は、やっぱり豆だけど、塩をふるだけで食べられるので、おつまみ、お惣菜に向いています。調理方法も簡単で一品が増えるのでオススメ。


ひたし豆1袋(250g)
ショップ:食べもんぢから。


何度か水で濯いで、浸します

2時間で豆が倍の大きさ。形をそのまま残したいので、豆類の浸し時間はいつも2時間です。(圧力鍋使用)

平和圧力鍋 PC-45A
玄米がもちもち感に炊ける。圧力鍋を買うなら「平和」。部品が各パーツ毎に買えるので便利です。あな健も平和圧力鍋を推奨していたので、初めて買った圧力鍋は「平和圧力鍋」です。


水をヒタヒタに入れて、落し蓋(平和圧力鍋の付属品)をします。 圧力鍋の重石が回り始めて2分(強火)経ったら火を止めて、圧力を冷まします。平和圧力鍋は他の圧力に比べて、少ない時間で出来る感じがします。時短です。


私は大豆の形を崩したくないのと、少し歯ごたえも欲しいので強火で重石が周り初めて2分、火を止めて圧力が取れるまで放置して冷まします。


水を切って、塩をふって食べました。とても美味しくてパクパク食べてしまいました。枝豆に似てるというより豆の味ですが、塩味で食べられるのは便利。ひじき煮に入れたり、料理の色合いをよくしたり出来るので、枝豆の代用で使えそうです。多めに茹でて冷凍して使えます。


容器に入れて冷蔵庫に保管。
容器:オクソートップコンテナ