1. TOP
  2. 料理
  3. 手作り味噌が完成(1年後)

手作り味噌が完成(1年後)

味噌作りをして1年後、ようやく味噌が食べられます。生麹を使った味噌作りです。表面に酒粕を乗せているので、途中でかき混ぜたりしていません。手間が要らず、カビも発生しませんでした。


冷暗所(納戸)から味噌を出しました。


蓋を取ると、重石の下に「たまり(醤油)」が見えます。カビ対策をしたので、白カビが出来ませんでした。


重石、落し蓋(皿)、ラップ、全部取り除きました。表面には美味しそうな「たまり(醤油)」た出来ています。これだけ舐めても美味しいです。


表面に酒粕で蓋をしているので酒粕を取り除きました。


たまりと味噌を混ぜます。


取り除いた酒粕は、別の料理で使ったり、味噌汁に一緒に入れて美味しく頂きました。


「たまり(醤油)」と味噌を混ぜます。


使う分だけ壺から取り出しタッパに入れて冷蔵庫で保存。使わない味噌はツボに入れたまま冷暗所で保管。この時も、カビが発生しないように空気が入らないように平に整えます。綺麗な雑巾で拭いて汚れを落とします。

◆◆◆手作り味噌の作り方レシピ◆◆◆
手作り味噌便利グッズ(ミンサー、マッシャー)

手作り味噌の作り方(準備編)

手作り味噌(生麹レシピ)、それとも(玄米麹レシピ)

手作り味噌が完成(1年後)←いまここ!!