1. TOP
  2. 料理
  3. りんご酵母エキスの作り方

りんご酵母エキスの作り方


材料

  • りんご皮と芯 200g(皮に酵母菌がついている)
  • 水 300g
  • 砂糖 10g

ジューシーな酵母エキスが出来ます。

道具

  • 密閉容器 (容器は煮沸消毒をし完全に乾燥させる)

りんご酵母エキスは、20度~30度で5~6日間おく。酵母エキスが発酵しないのは、温度が低すぎる事が要因です。夏場なら常温、冬場はホシノ天然酵母パン種自動発酵器」がオススメ。自動発酵器を使えば失敗がなく、一定の温度で酵母の管理が出来ます。

 ホシノ天然酵母発酵器を用意


蓋の穴はセロテープで密閉
酵母エキスは密閉容器で作る為、セロテープで蓋を密閉する。酵母を始めた日付を入れてみました。これで管理がしやすくなります。

【1日目・・・酵母器】

1日1回以上は混ぜる。20度~30度で7日間おく。

【2日目・・・酵母器】

水の色が変わってきた

【3日目・・・酵母器】

泡が出てきた

【4日目・・・酵母器】

りんごが変色してきた

【5日目・・・酵母器】

りんごが沈んだ

【6日目・・・酵母器】

りんごエキスをこす。りんご酵母エキスの完成。瓶は煮沸消毒してから使います。

発酵ポイント
レーズンほどカビの心配はなかったです。水からりんごの表面が出ていてもカビる事はなかった。レーズン同様、全粒粉で元種作りです。レーズン酵母エキスと同じように発酵が出来ました。匂いと味がりんごなので、パンを焼いた時の風味が楽しめます。