1. TOP
  2. 料理
  3. 手作り干ししいたけの栄養

手作り干ししいたけの栄養

天日に干した野菜は、余分な水分が抜け、旨みが凝縮されています。干すことによって栄養が増す野菜もあります。

干し野菜の栄養
野菜は、みずみずしいものほど栄養があると思いがちですが、干すことによって増す栄養もあります。その代表選手は、しいたけ。生しいたけに含まれるエルゴステロールという成分は、紫外線にあたるとビタミンDに変化。天日に干すことによって、ビタミンDの含有量は生のときの何倍にも増えるといいます。ただ、市販の乾物製品は、天日干しではなく電気や温風乾燥のものが多く、製造過程ではビタミンDが作られません。市販の干ししいたけは、使う前に一度天日干ししてから食べるようにするとよいそうです。(無印良品:引用)


ザルにのせて、しいたけを干しました。


1~2時間干しました。


1日干しました。しいたけは、生で食べるより干して食べたほうが栄養価が高いということです。「干ししいたけ」のビタミンDは「生しいたけ」の10倍。天気の良い日に、傘の部分をひっくり返して干しましょう。