1. TOP
  2. 自然療法
  3. タンポポの薬効と効能

タンポポの薬効と効能

タンポポの生命力

たんぽぽの効能と薬効
タンポポの根や茎や花は、古くから漢方薬として用いられてきました。ビタミン、ミネラルが豊富にあり、薬用が豊富です。根は特に薬効が豊富で、乳腺炎や母乳不足、胃の健康、神経痛、リウマチ、小児マヒ、癌などの諸病にも有効といわれて来ました。

タンポポの薬効と効能

たんぽぽコーヒーの作り方と効能
■乳腺炎・母乳不足・神経痛・リウマチ
タンポポの根っこをお茶にして飲むと良いです。タンポポの根とハコベ、はと麦を混ぜて、煎じて飲むと効能があります。

■胃腸病全般・不眠症
花・茎・根を煎じて、毎日飲むようにします。

タンポポの食べ方

葉は、天ぷら、佃煮、和え物などにして食べます。柔らかい葉は、天ぷらや酢の物、和え物にします。ほろ苦くて美味しく頂けます。

タンポコーヒーの作り方

たんぽぽの根を細かく切って乾燥させ、乾煎りにしてミキサーで粉にします。スプーン1杯に熱湯を注いで飲むと良いです。病気がちの弱い人や、不眠症の人に効きます。黒砂糖を入れて飲むと、タンポポコーヒーになります。

 

↑無農薬栽培、ティパック無漂白のたんぽぽコーヒー。自分で作るのは大変という方にはオススメです。まずは、少量で味見をしてみると良いです。「飲みやすい」「飲みにくい」と好みは分かれます。健康を考えて、タンポポコーヒーは良いですよね。

根強いタンポポ

踏まれても、立派に花を咲かせるタンポポの生命力は、とても素晴らしいです。枯れても、摘まれても、根があればいくらでも育ちます。タンポポの強さは、根にあるのです。どこにでも種を飛ばし、根付く生命力は、とても力強いです。タンポポは、根に栄養があるのです。その根を食べる事によって、薬効・効能を得る事が出来ます。

根育てな人生
人も、根がしっかりしていないと枯れてしまう。葉先だけでは、根が付かずに枯れてしまうのです。育てるのは根性。人も根っこが大切です。どんな困難も乗り越えられる「根」の強さ。逆境は、自分への修行、学びの場と思って「ありがとう」と感謝をすれば、根っこを育てる事が出来ます。葉先(目先)だけではダメ。しっかり根っこ(根本)を見て、判断、工夫、実行が大切ですよね。毎日が、自分磨き。自分への修行と思い、たくさんの事を学び続けています。